糖質をどんな食材でとるか?

今回のブログは糖質についてです。事の始まりを余談で話させて頂いて、糖質について書いていきます。

0.余談

最近、朝と夜の二回にジョギングを増やしてマス。暑くなる前と、涼しくなってから。二回と言っても15分くらいで止めてこまめに回数を増やして・・・はい、なぜなら、糖質取りすぎにより余計なものが増えたからです(●´ω`●)ゞ

甘いものというより、パンを食べ過ぎたんですよ。白パン。以前はしょっちゅう食べていたのですがあまり身体には良くないので最近は時々食べるくらいでした。

ですが。ご褒美に食べているここのお店のパンが・・・テイクアウトはいつも長蛇の列で買ったことないのですがこの前たまたますぐ買える状態で買いました。

shop:セントル・ザ・ベーカリー

店員さんに、何本ですか?と聞かれ、あまり考えず折角だから二本、と答えました。姉にもあげて、あとは・・と思っていたら、二本多い!二本、てっきり二斤かと思いきや、一本が二斤でした。買いすぎです笑

普段そんなに人と会うわけではないのであげられる人にあげても私の取り分が多くなりまして、調子に乗って食べ過ぎてしまい案の定、でした。私の失態余談はこれにておしまい(●´ー`●)

 

1.糖質

そもそも、白パンは、砂糖・精製穀物を使って作られて原材料が見た目からもわからないので良くない食品ですので控えた方が良い食品。嗜む程度なら良いと思うんです、実際私好きですし。

糖質は、制限をするイメージもあるかもしれませんが、身体のエネルギー源となる大事な栄養素です。脂質やタンパク質もエネルギー源ですが、糖質の特徴は、すぐにエネルギー源として使えることですね。(炭水化物=「糖質」+「食物繊維」)糖質そのものは体内にさほど蓄積されません。使用エネルギー以上に摂取された糖質は大半は脂肪となって蓄積されるからですね。

取り過ぎても良くない、取らな過ぎても良くない。

取り過ぎる影響は想像できますが、取らな過ぎる影響としては疲れが取れにくかったり、腸内環境が悪化したりと弊害は多々あります。やはりどんな栄養素も適度に摂る方がいいですねー。

 

2.食材

とは言っても、糖質をどう摂るかは様々。入っている食材としては、野菜類や芋類からフルーツやナッツ、パン、パスタ、米、菓子類、スナックなどなど。

このラインナップを見てみても、質の面ではどう考えも原材料のわからない加工食品からより素材食品から摂る方がいいよな、と思えます。糖質を摂るなら断然食材から、私の様に間違っても加工食品から多量摂取するのはご法度ですね。

炭水化物を抜く、という話も聞きますが、大事なエネルギー源ですからね。必要です。以前、マラソン大会に向けて準備をしていた時、その頃炭水化物を控えて生活してたんです。そしたら疲労が抜けなくて、友人に話たら炭水化物を増やそう、と言われ増やしたら解消されました。やはり大事。

良い食材(炭水化物)としては、①葉物野菜②芋類、かぼちゃ③人参、玉ねぎ、にんにく、レンコン④ベリー類、フルーツなど。

パンでも白パンより全粒粉。うどんなら断然米を食べる(対になっていないか)菓子類、市販のパン、スナックは控える食べなくて良い物。つまり、野菜から糖質、炭水化物を摂る量を増やしましょう、ということですかね。スイーツ好きなのでお楽しみで食べることは許すことにしてます、摂取量は気をつけて・・。

 

3.因みに・・

加工食品。加工食品は良くない、と聞きますが、やはり摂取栄養が違いますよね。(加工食品は、その食べ物をみても原材料名がわからないもの(知っている、は別)ですね。切り身とかは入りません)

せっかく食べても、それが身体の中で活躍してくれなければ・・あまり意味がない、のに食べる。。。

加工食品の中には、糖質量を中毒性になる様配合されているものもある様で、食べ続けているとその味が欲しくなり、無意識に食べてしまう様に。その繰り返しで味覚も変わってきて、益々加工食品しか食べなくなります。

私も以前は、パンも食べるしパスタも食べる、お菓子も結構食べる、なんなら外でしか食べてない、という生活をしていました。年齢もありましたし、何より動く量が多かった。なのでエネルギー源としては使われていた様で太りはしなかったですが、体調は変動が大きかった。また、ジャンキーな食べ物が好きと言っていたくらい結構摂っていました。

その時を思えば、気持ちが元気だけれど、食材の質があまり良くなかったので、体調面はガタガタでした。それを私は元々の身体の作りが弱かったので、その影響によるものだと思っていました。

もちろん糖質だけの問題でもなく、私は他にも不健康なことを色々していたので要素はあり過ぎましたが、それでも身体のことをわかっていない食事と今とでは身体の調子が雲泥の差です。

やったことは、加工食品を控える。家で食べる。くらいなのですが、これだけでかなり体調が良くなり、病院も結構行って薬服薬量も多かったですがかなり減りました。こんなに食事で体調が変化するとはー。

身体に必要な栄養素などを調べて行くと、以前摂っていた食べ物にあまりに栄養がなくて恐ろしくなります。20代は気持ちで乗りきろうと出来ちゃいますが、あの頃は10日に一回はへばって動けなくなっていたので年齢が上がるから気をつけなきゃ、というわけではないですよね。

家で食べる様になってから、味覚も変わりまして。加工食品の味と全然質が違うので、加工食品を食べると美味しいですがなんだか嘘ものを食べている様に思える様に。ジュースも飲まなくなりましたし。自然に近いものはやはりいいんですね。

糖質。からだが絶好調になって、パフォーマンスが上がり、成果がもっと出たら最高ですよね。食べ物はやはり大事ですな。

まだまだ暑い。手軽なものだけでなく、栄養あるご飯食べてくださいね。

 

fumi

お知らせ

からだの違和感・重だるさ・快適なお身体をキープする定期的なメンテナンスもお任せください。

お問い合わせは整体院華羽まで

当院コンセプト

メニュー

当院の施術7つの秘訣・当院が選ばれる6つのポイント

予約可能日時

ご予約・お問い合わせはこちらから

 

ピックアップ記事

  1. 身体創り:デスクワークでの肩こり➡︎上肢と肩甲骨の重量差で起こる
  2. 「力が抜ける姿勢」を作る方法
  3. ハムストリングスを緩めて伸ばす方法
  4. 残すは、首のみ!ラスボスを如何にして攻略するか⁉︎スマホ首も一撃させる方法
  5. 身体創り:筋肉が強化されない要因ーその①ー

関連記事

  1. 玄米より白米の方が良いらしい?

    あなたの食べているお米は玄米と白米、どちらですか?私は玄米。好…

カレンダー

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

おすすめ記事

最近の記事

  1. 坐骨神経痛

    坐骨神経痛 正座時に激痛-
  2. セルフメンテナンス

    原因追求型肩こりセルフメンテナンス②ー棘上筋編ー
  3. 修復

    施術ノート:仙骨を圧迫し続けて現れた坐骨神経痛
  4. ガチガチ硬すぎ。この筋肉どうにかならないの。

    あの僧帽筋の硬さをなんとかしたい!
  5. ガチガチ硬すぎ。この筋肉どうにかならないの。

    すいません、またしても背中なんですけどいいですか
PAGE TOP