ガチガチ硬すぎ。この筋肉どうにかならないの。

臀部のゴリゴリの正体は・・・

1.臀部の筋肉の秘密

秘密、という程のものではないんですけどね。

今日、臀部の筋肉、ってわかりにくいよな、と思うことがありまして。そんな話を今日ご来院のお客様とも話していたのです。

最初は、「中臀筋が硬いみたいで緩ませたい」と話されていました。

臀筋を緩ませ始めると、あれ、臀筋はさほど硬くないな。むしろ、足の筋肉と股関節と大腿骨の付け根の方がかなり硬いな。。。

緩ませた後確認して頂きましたが、臀部の硬さはまだ残っている、と話されて。「この辺りがまだゴリゴリしている」

ん?その辺り・・・あれ。そこは臀筋というよりその中では!?

しまったー。そこは臀筋ではないではないですか。よく話を聞いておけばよかったー!とまたやってしまった私の早とちりでした。何度かご来院頂いているお客様ですと普段の動作や姿勢、癖なども把握している場合が多いので動きを確認し、緩ませる場所は施術しながら状態をみて調整することが多いんですよね。その方が効果的ですし。

あ、これは私の抜けている余計な話でした。

臀部の筋肉。

秘密、というのは臀部にある筋肉は表層にある筋肉と深部にある筋肉の二層構造になっているのです。

まず、臀筋、と言われる筋肉は①大臀筋②中臀筋があります。

深部に小臀筋と言う名の筋肉もありますが表面から触れられる筋肉はこの二つです。

臀部が硬いなー、と思った際に表面の筋肉が硬いのであればこの二つが怪しいですね。

ただ。

臀筋、は三つですが、臀部にある筋肉は他にもあるのです。

どこに?

これらの筋肉の下にあります。おぉ、こんなに!

一番上にある筋肉が先ほどの小臀筋。

その下から順に、梨状筋、上双子筋、内閉鎖筋、下双子筋、大腿方形筋です。

足を後ろにあげ、股関節を伸ばす働きがあるのは表面の大臀筋、中臀筋ですが、これらの深部の筋肉も補助として働きます。

それと、これらの深部の筋肉は大腿骨と股関節を繋ぐ筋肉でもあるのです。

つまり、足を動かす際に大腿骨が股関節から離れないように、股関節を安定させてくれているのです。

因みに、表から股関節から大腿骨までを繋いでいる筋肉は腸腰筋です。

股関節が硬い、股関節から足を回すと動かしにくい場合はこれらの筋肉が硬くなっているかもしれませんね。

2.なぜ臀部の深部の筋肉が硬くなるのか?

そんなに使ってないのに?そう思われるかもしれません。

ですが、この深部にある筋肉。足の筋肉と隣接しているのです。

ハムストリングス

隣接し合う筋肉は影響を受けやすくどちらかが硬くなると一方も硬くなるのです。ハムストリングスが使いすぎ、もしくは使わない為に伸び縮みがしにくくなり、硬くなる。その際に股関節も同時に詰まりやすくなる。

股関節が詰まっている、というのは骨盤と大腿骨との遊びが少なくなっているということ。遊びというのは「関節の余裕」でもあります。肩関節と同じで、股関節も靭帯と筋肉によって安定度を高めていますので、安定させている筋肉が硬くなればなるほど遊びがなくなり詰まりやすくなってしまうんですね。

臀部の筋肉が硬いな、と思われたら、その場所だけでなくなぜ臀部が硬いんだろう?この硬さを作っているのは他にあるのかな?と、筋肉は相互に影響し合っていることを考慮して考えて頂ければ緩める手掛かりになると思います。

筋肉には、硬くなった背景がそれぞれあります。

ですので、緩め方も硬くなった背景を考慮しながら緩める必要があるわけです。そうは言ってもなかなかセルフでは・・と思われるかもしれません。ですが、そういったことがあるんだ、と知っているのと知っていないとでは「緩まない」ことに対して、まだ手立てがある!と思えるのではないかな、と思い書いてみました。

臀部のなかなか緩まない硬さ。

緩ませる前にハムストリングスを緩める、股関節の内側を緩めてみる、など試してみて下さいね。

ハムストリングスが硬い場合はこちらを参考にしてみて下さい。

 

fumi

お知らせ

臀部の硬さ、緩みにくい硬さの筋肉はぜひお問い合わせください。

からだの違和感・重だるさ・快適なお身体をキープする定期的なメンテナンスもお任せください。

お問い合わせは整体院華羽まで

当院コンセプト

メニュー

当院の施術7つの秘訣・当院が選ばれる6つのポイント

予約可能日時

ご予約・お問い合わせはこちらから

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 筋肉でなんとかならないなら、筋膜!
  2. 施術ノート(身体創り):肩関節の可動域は問題ないのに腕を振り下ろす時に違和感があ…
  3. dailynote:支える筋肉・動かす筋肉
  4. 腰の筋肉の硬さ。肩の硬さが取れていないから!?
  5. 身体創り:デスクワークでの肩こり➡︎上肢と肩甲骨の重量差で起こる

関連記事

  1. 姿勢

    お悩み:「大腿筋膜張筋が張りやすい」「膝の外側に違和感を感じやすい」 「骨盤内側が詰まり感がある」

    1.骨盤から足にかけての外側の違和感やはり寒いので暖かグッズを蓄え…

  2. 施術ノート

    施術ノート:足が内側に入ってしまう、要因&対策

    こんにちは😊今回は、股関節内旋位に入ってしまう要因、内旋を改善…

  3. 修復

    施術ノート:仙骨を圧迫し続けて現れた坐骨神経痛

    こんにちは😊今回は坐骨神経痛です🙋‍♀️0.名称がついても…

  4. ガチガチ硬すぎ。この筋肉どうにかならないの。

    大腰筋を緩める前にした方がいいこと

    今回は題目に大腰筋に触れましたが、結果として大腰筋を緩める前にした方が…

  5. 坐骨神経痛

    坐骨神経痛 正座時に激痛-

    1.坐骨神経痛はなくなるものなのか?突然ですが。人と人の繋がり…

  6. ガチガチ硬すぎ。この筋肉どうにかならないの。

    腹部、パツパツに硬くなっていませんか?

    1.その筋肉を緩める為にどこの筋肉を緩める?骨盤底筋群について少し…

カレンダー

2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

おすすめ記事

最近の記事

  1. 姿勢

    疲れにくい『運転姿勢』検証しました!
  2. セルフメンテナンス

    原因追求型肩こりセルフメンテナンス①ー前鋸筋編ー
  3. セルフメンテナンス

    デスクワーク後の肩こりは足から!?
  4. ガチガチ硬すぎ。この筋肉どうにかならないの。

    腹部、パツパツに硬くなっていませんか?
  5. 修復

    施術ノート:右股関節の伸ばしにくさ&内転筋が自然と使える身体を創る
PAGE TOP